<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

ナイルの庭 by エルメス   

これは、私が初めて香りを確かめないで、ネット買いしたものです。d0108264_3532552.jpg
「大当たり」でした!

【爽やかなフルーティグリーンの香りです。
トップは爽快なシトラス、グリーンマンゴー、ロータスフラワー等が
キラキラと輝く川面をそよぐ風のように香り、
イグサ、シカモアウッドが癒しのグリーンノートを放ち、ラストはウッディが安らぎを与えてくれます】  

と商品説明にありました。私が補足すると、あまりフルーティーという気はしません。
そんな甘さはなく、「爽やかだけど渋さもあるグリーン」 って感じかな。
そうですね、書いてあるとおり「グリーン~ウッディ」 これが正解かも。

とにかくレビューに「誰からも好かれる」「ユニセックス」「オフィスでも使える」
とあったので、「正妻」グリーンティーから浮気心が働いて、即買いしました。
私の中では、エルメスの香水って初めてだったから、なんかそれもちょっと嬉しくて。
カレーシュなんか、憧れてたし。
容器とか、とっても素敵そう、なんて思ってね。

ところが、写真をよく確かめればよかったんだけど、容器ってそっけないというか、もうシンプルで。箱のイラストがきれいなので「ああ、ここがエルメス」なんて辛うじて思いましたが。
フレグランスのライト化に伴い、容器も全般にシンプルになっちゃったよね。
香りはともかく、「レール デュ タン」の香水なんか、芸術的な容器だったよね。今、あんなのないもんね。

それで、気がついたら最近正妻さんより出番が多くなっています。
正妻より、甘さがないの。オフィスなどに、本当におすすめです。
私も、仕事で出かけるときによく使っています。

ところがこれ「2005年限定品」だったのね。
限定品の法則・・・・・発売された翌年は値崩れを起こし、その後時がたつにつれて値上がりしていく・・・・を、毎年性懲りもなく出るカルバン・クライン「ck-one summer」で存分に味わったので、この「ナイルの庭」、今、リピートしようかどうか迷ってます。

私は、50mlで定価9000円のところ5000円弱で買ったけど、今、こんなお得なセット ↓ も出てるので。(30ml×2で3990円!)d0108264_3562694.jpg


本来なら「即買い!」だけど、正妻のストックがあと2本あるのと、健気な倹約精神を保つため、迷ってるところなんです、ウフフ。
とかいいながら、来年になると間違いなく値上がりするだろうから、買っちゃいそうだなぁ・・・
[PR]

by satomiomio | 2007-04-21 03:59 | フレグランス

UVケアの季節でございます   

ここのところ関東地方はお天気悪くて「寒っ!」って感じなんだけど・・・
季節は確実に初夏に向かっております。
「メイクをするの、やだな~」 という夏が、またやってくるのです。

何がいやかといって、ファンデーション。だって、塗ってるそばから汗かいて。まるで汗を塗っているようなものだ。(それがいやで、ここ2年ほどはリビングのPCデスクでメイクしている・・・冷暖房完備)
そして、「夏のメイクいやな理由」の二大巨頭と申しましょうか、もう一つの理由が
「UVケア下地」 なのです。
あの、紫外線吸収材が入った独特のニオイ、まあニオイは何とかがまんできるけど、伸びの悪さ、白っぽさ・・・・・どんなに肌の状態を整えていてもあれ一つで、ファンデーションの仕上がりが悪くなっちゃうでしょ。
今まで、いろんなものを使ってきて、一番マシだったのは、ディオールの5年くらい前のものだった。「SNOW」シリーズになる前のもの。毎年新しいのが出るでしょ、その都度私には良くなくって、クリニークの「スーパーシティブロック」も使ったけど、これも好きになれない。

そして去年初めて「ニナリッチ バーズ ドゥ タン エクラシサン」を購入。d0108264_14164841.jpg
私の大好きな「バーズ」シリーズだから、いいに違いない・・・と思って期待していたのですが・・・・・

これは容器に構造的な問題があるようだ。
蓋を閉じていて、使わないでじっと立てていても、中身が噴出してくる。
そのうち、蓋の銀色の部分が、はがれてくる。

最初にでネットで買ったとき、封を開けたらそうなっていた。レビューにもそのようなことが載っていたので、「安く買ってるんだから仕方ないわ」と思い、使っていた。
その後、ショップから「ご満足いただけたでしょうか」というメールが来たので、そのように書いて返信したら、すぐ代替品が送られてきた。

今度は、液もれはない。やっぱ前のは不良品だったんだ、と思って使っているうち。。。
元の木阿弥です。1年たった今、見たら案の定液が本体からはみ出していました。

これ、絶対容器に問題あるよね。どうにかしてほしいよね~。
で、肝心の使い心地は、というと、うーん、可もなく不可もない、という感じかな。
いつも「バース オパラサン」を使っている私には、すごくピンク色に感じるし。
伸びも、期待したほど良くない。
でも買っちゃったから、仕方なく使いました。去年はね。

今年もまだまだあまってるんだけど、どうしようかなあ。
やっぱ、おさらばしたはずのディオールのカウンターに、恥を忍んで行くか。
今年の新製品がどんなものだか、わからないけど。。。
使ったことないブランドに冒険するべきかなあ?
紫外線の量は、真夏より、実は4月か5月(どちらか忘れた) の方が多い、ということを聞いたことがある。だから本当は、今すぐにでも使うべきなのだ。

うーん、どなたかオススメのUVケア下地あったら教えてくださ~い。
[PR]

by satomiomio | 2007-04-17 14:17 | メイク

最強ハンドクリーム Avene(アベンヌ)   

久しぶりに妹分の私mio が1本。

暖かな春を迎えた今のタイミングで「ハンドクリーム」かよっ・・・という声も聞こえそうですが。
そうは言っても、若い時と違って手肌の乾燥は1年中気になる、お年頃(?)の私達。

d0108264_14463293.jpgこのおフランス製の アベンヌハンドクリーム を皆さんご存知でしょうか?
ハンドクリームマニアの間ではもう有名すぎるほど有名な商品のようです。
とは言え、この存在を私が知ったのはほんの数ヶ月前のことですが・・・。

実は私、もうかれこれ3年もの間、右手の親指の先だけがヒビ割れて血をふいて、毎冬本当にツライ思いをしていました。皮膚科にも2件か3件当たりましたが、処方された軟膏やクリームでは全然治る気配なく、ハンドクリームも10種類以上買ってケアしましたがダメで、もう完全にあきらめて冬はそこだけ綿の指サックをはめる日々が当たり前になっていました。


そんな中、今年の初め頃に、いま口コミで大人気というこのアベンヌのハンドクリームをダメモト気分で買ってみたのです。

ン・・・?えっ、えっ、何???
ふと気付くと塗り始めて3日目くらいでほぼ9割方、治っているではないか!!
ツルンとした親指の先を3年ぶりに見ました。し、信じられない。
そして手の荒れが治ったというだけでなく、感触もサラリとしていて、塗った直後にすぐに手作業オッケーなのも嬉しい。

あまりに感動したので、その実証も得たくて母親に1本プレゼントしたら5日後くらいに
「ちょっと!コレ何なの?長年の手荒れがすっかりキレイになっちゃって怖いくらいなんだけど!?」 って電話がかかってきました。
母は個人病院の薬局勤務で、紙をずっと触っているので手荒れしやすく、ツライのでいつもゴムキャップをはめて仕事するのが当たり前なのに、ある日キャップをするのを忘れて1日働いていたことに夕方気付いたそうな・・・。 で、「このクリーム、いったい何??」と。

これは両方とも本当の出来事なのです。ビックリです。
今まで買い溜めた(溜めたわけじゃない。行きがかり上、溜まった)たくさんのハンドクリームや軟膏類は全て捨ててしまいました。 (冗談ではなく)だってアベンヌさえあれば絶対に他のクリームを使うシーンがありそうにないからです。
これは相当オススメ!!
定価は1500円ですが、たいていのドラッグストアでは2割引くらいで売ってます。ハンドクリームとしては破格に高いですが、1本持っていて絶対損はない!
信じられなかったら、口コミサイトでもちょっと見てみて下さい。だいたい私と似たようなことを皆さん言ってると思いますよ~。
近年まれにみるマイ・ヒット商品です。
[PR]

by satomiomio | 2007-04-10 15:00 | その他

40代はロングヘアにできる最後の年代?   

ここのところ12~3年「巻くパーマ」をかけたことのなかった私だが、2月半ばに「デジタルパーマ」をかけて、ストレートロングから、超久々にウエーブのついた髪になった。
(写真:イメージです。私ではありません)d0108264_23124481.jpg

3年前から「ロングヘアにしよう」と、伸ばし始めた。
(理由はヒミツ・・・へへっ!)
そしてずーっとストレートロングできたが、ちょっとストレートに限界を感じ始めたのと、巷のふわゆるパーマ隆盛にがまんできず?遅まきながら、デジタルパーマにトライしたわけです。
「まあ、悪くはないんじゃない?」と、そこそこ気に入ってるが、ストレートに比べてやはり手がかかる。(私は矯正をかけてたので、それはそれはラクだった>ストレート)
それになんといっても髪が痛む!

デジタルパーマは、従来のパーマに比べ、髪に優しいパーマ、と言われているが・・・やはり乾かすとき、髪を指にくるくる巻きつけて形づけしなきゃいけないし、時にはカーラーで巻いちゃったりするせいか、毛先の痛みが目立ってきた。
こうなってくると、よりいっそうヘアケアにお金をかけなきゃいけなくて、それについてはまた別の記事で触れるとしましょう。

今日テーマにしたいのは、表題どおり「ロングヘアは40代まで?」ということである。

女性向けファッション誌というのは、30代後半からすっかり買わなくなってしまった。その代わり、美容院に行くとくまなく読み漁る。
(美容院では友達にメールするか、女性誌を読み漁って時間をつぶすのが常)
今回もカット+デジタルパーマ+トリートメント+マニキュア という長丁場で、片っ端から女性誌を読んでいたところ、ある見出しが目についた。
年代別の髪型を考える、的な特集記事で「40代 ロングヘアにできる最後の年代」
とあったのだ。

たしかに、50代でロングの女性って、あまりというか、ほとんど見ないような気がする。
芸能人でも・・・あまり芸能人に詳しくないけど、せいぜいセミロング?

雑誌名も忘れた(けっこうおしゃれな雑誌だった)し、「なぜ40代が最後のロング世代」なのか、明確な理由も覚えてないが、専門家(ヘアアーティスト)の言葉だったことは覚えている。
やはり、若い頃に比べ髪質も肌と同じく衰えてくるし、白髪も多くなる、なかには薄毛で悩む人も出てくる・・・ということだろうか。
そういえば、美容師さんが「satomiさん、ロングができるのは髪が多いからですよ」と言ったことがあった。
でも、私ただ今44歳と数ヶ月。するとあと5年ちょっとしかロングでいられないのかな(-.-)

30代前半の頃、友達と「トシとってきて、顔は老けてるのに髪型だけ若作りにするのっておかしいよね~」という話をしたことがある。
ムム、今の私、そうなってないかしら。
デジタルパーマかけるとき、「あまりクルクルにしたら若い子みたいだから、海草みたいにユラユラっとなびくようにかけて」 と頼んだし、前髪も厚くとってボリュームを出すことはせず、ストレートロング時のようにごくナチュラルな斜め分けにしたつもり。
でも、だんだんと顔が、髪に追いつかなくなっていくのかもしれない。

40代もちょうど半ばを迎えようとしている現在、髪型にもタイムリミットがあることをひしと感じてしまうのである。
「40歳=不惑」 なんて遠い昔の話。いまどきの40代は、髪型ひとつ、メイクひとつにも戸惑ってしまう悩み多きお年頃なのだ。
[PR]

by satomiomio | 2007-04-04 23:15 | へアケア

ハイチオールC プルミエール(薬用ホワイトスポッツ)   

もう、一刻の猶予もなし!
あの恐ろしき、「シミ」である。

「シミがない」ことを唯一の自慢にしていた私が、昨年見つけた「汚れ」のようなもの・・・・・左目じりの下、頬骨が高くなっているあたりにできたそれは、色素が沈着し、放っておくとまぎれもない「シミ」になってしまうものだった。
早めに気づき、「HAKU」を半年間塗ったおかげで、その汚れは分解され、消えたかのように見えた・・・・見えた。はい、あくまでも「見えただけ」だったのです。ガ~~~ン!!!
HAKUがなくなったことをいいことに、しばらくほったらかしにしておき、相変わらずメイクを落とさないで寝るなど、不摂生を重ねていたら。。。ま、またもや「汚れ」が出現!
これは、もうプレシミ、なんていうヤワなもんじゃない。このままシミ街道まっしぐらではないか・・・・と大反省。
しかし、HAKUの¥5000をどうやって捻出するか、と考えていたところ、エスエス製薬の「ハイチオールC プルミエール」を発見。d0108264_1273087.jpg
値段も定価¥4500のところ、56%offである。税込み2079円だ。
製薬メーカーの商品である。レビューも概ね好意的。
「ビタミンC誘導体、L‐システイン誘導体配合」とある。まあ、HAKUのような新しい成分が入ってるわけではないが。
よし、これでいこう!satomiはエスエス製薬と心中決意。(んな大げさな)

化粧水の後、直接気になる部分につけます。
匂いは軽くあるけど気にならない。クリーム状だけどさらっとしているので、その後のメイクに影響はありません。このテのものは即効性は期待できないけど、辛抱強く塗り続けることとしましょう。
とにかく、シミについては油断大敵!
背水の陣で戦うことを決意したのでした。
[PR]

by satomiomio | 2007-04-03 01:28 | スキンケア

アイシャドウ③(外国ブランド) 行き着くところはやはり・・・   

そんなわけで、アイシャドウについてコメント欄で活発な談義がなされて嬉しい限りの今日このごろ。ブログオーナーがどんどん記事更新しなきゃ始まらないので、今後も短い記事をなるべく多く書いていきたいと思います。

さてさて、2つ前の記事(アイシャドウ①国内ブランド)で、やはり国産品は・・・との不満を述べた私の目に、いつも来るネットショップのメルマガの文字が突き刺さった。
「DiorサンククルールNEW 2006 43%off」。
そうだ、新しくなったんだ・・・・そういえば昨年暮れ、デパートでチェックした色があった。携帯のメモを見る。「#970」。あった~! 送料込みで¥4631。う~ん、いいでしょう、たまには。だってディオールのシャドウ買うの、何年ぶりかだもん。リニューアルしたんだもん。今ふうになったんだもん。

と、無理やり自分を納得させて購入。
すぐに届きました。う~ん、箱からして今までと違うじゃない!
d0108264_23542072.jpgCDの文字がホログラムっぽく浮かんでる。ここからして、キラキラ感が漂う。

ケースもにもCDがホログラムっぽく加工されてる。ゴージャス。
そして現われた5色のシャドウ・・・・・う~ん、良さげ。
5色すべてに細かいラメが入っている。それがなんとも上品に発色し、ブラシでぼかせばぼかすほど、メイクが上手くなったように見える。d0108264_23562762.jpg
このきれいなラメの入り方は、国産品の追随を許さない。
というか、外国製品でも、いいアイシャドウはディオールだけのような気がする。

シャネル、サンローラン、エスティローダー、クリニーク、ランコムを過去に使ってみたけど、どれもディオールの発色のきれいさ、のびのよさに勝るものはない。
とくにエスティやクリニークは、わたし的には最悪だった。
どうしてディオールの一人勝ちなの?と思うのは私だけかな。

しばらくはこの新しいサンククルールのとりこになりそう・・・なはずだったが、先日来のコメント欄に触発され、「ブルーのアイシャドウ」に気もそぞろな私。
がまんできず今日、「テスティモ フレームインパクトアイズ」を購入。d0108264_23575992.jpg
(近所の化粧品店で20%off)

これね、写真よりずーっとキラキラしてます。
同じテスティモの「レイヤードインパクトアイズ」に比べ、ぐっと進化した感じ。流行りのクリームライナーもついてるし、筆もそれ用になってる。マキアージュをずいぶん意識したかな。
今日は資生堂も見ましたが、色出しがカネボウのほうが好きなので迷いなくこれをゲット。
海辺のリゾート地などに、つけて行きたい色です。
(しかしそんな遊び方、ここ数年してない・・・泣)

それで、とにかくアイシャドウの外国製品ではディオールの一人勝ち、と結論づけたい私ですが、このように国産品も買っちゃって、いったいなんなんだ?
そうそう、ディオールばかり高くて買ってらんないから、カネボウにしたのよ、しくしく。

NEWサンククルール、今年中に?もう一つくらいほしいなあ・・・(なんとつましい欲望)
[PR]

by satomiomio | 2007-04-01 23:58 | メイク