<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

アイシャドウ② 40代の色は?   

さて、外国製アイシャドウの話に移る前に、ここでぜひ論じたいのが
アイシャドウの色についてです。
d0108264_053219.jpg40代女性の皆さん、どんな色を塗ってますか?

私がメイクを始めた25年ほど前、日本人女性のアイシャドウの色といえば
「青・青・青!」 というブルー全盛期。若い女の子は青い目元(それもボカさず、色味をはっきりつける)にピンクの口紅、というのが定番でした。もちろん、違うメイクをした子もいたでしょうけど、大多数がみな同じ顔。(ついでにサイドレイヤーの同じ髪)。
中年女性も青をつけてたんじゃないかなあ。(そもそも、私の母世代はアイシャドウといえば、青と信じて疑わないような感があった)

ところが私が21のとき、突如「ブラウンシャドウ」が時代を席捲。
みんな、青をやめてブラウンの目元になった。
もう青をつけていると、時代遅れの顔になっちゃうような。
そのまま私、社会人時代に突入。この頃はいろんな色使ったけど、学生時代に流行ったピュアな青(?なんと表現していいのか。。。要するにパープルがかったりしていないもの)は塗らなかった。その頃、菊池桃子似のかわいい先輩が、目元を真っ青に塗ってて、いじわるなOLたちが「あのメイク、どうにかならないかしら」 と陰口を言ってたことを思い出した。

そんな感じで、なんとなくブルーシャドウは、私の中で「時代遅れ」の感が強く残り、お蔵入りになっているのである。
紺とか、ブルーグレーなら使った時期もあるけど。
そして、どうも1年ほど前から気づいたのが「ブラウンが合わなくなってきた」 こと。
d0108264_064131.jpgブラウンって、どこに出てもおかしくない、基本色じゃないですか。
しかし最近、ブラウンを塗って時間がたつと、どうも疲れた目元、くすんだ目元になってしまうのである。トシのせいか。
もっと華やかな色にしないとダメなんだ・・・と気づき、去年からはほとんどワインレッドというのかあずき色というのかエンジというのか、まあそういう系統を使っている。

でも、私はブルーアレルギーになっちゃったけど、国産シャドウは必ず新製品にも「ブルー系」というものを入れるでしょ。というか超定番だよね、ブルーって。
じゃあ、今このトシでつけてもおかしくないのかなぁ。

ついでに言うと国産品はメイクラインを年齢層で分けているが、ディオールもシャネルもサンローランもそんなことしないよね。
外国人は、トシなんて気にせずいつまでも「女」として、ステキな色なら使う、という感覚なのかしら。
資生堂でいえば私はマキアージュ世代ではない、というのは、日本のきめ細かなマーケティングのなせる業なのだろうが、こういう考えっていかにも日本的なのかな。

あらま、短くするつもりで長くなっちゃった。
つまり、われわれ40代女性に似合うアイシャドウの色はなあに?というのを考えたいのでございます。
[PR]

by satomiomio | 2007-03-27 22:50 | メイク

アイシャドウ①(国内ブランド)キラキラ目元、ダメですか?   

さて、アイシャドウである。
これについては、近年私の中でおおいに意識改革があった。

えーっと、まず見てください。
d0108264_1226534.jpgこれ、最近近所の店で衝動買い。「コーセー エスプリークプレシャス」のなんたらコフレ(名前忘れた) アイシャドウ現品にちっちゃめグロスとマスカラと、あと体につけるラメの粉がついて、キラキラのポーチつきでアイシャドウの値段と同じ¥3500。たまにはいいでしょ、お得だし。それにアイシャドウが限定色、私の好み。だから買い!


「アイシャドウはディオールに限る」
との激しい思い込みがどうもこの2~3年、覆されてきた。
ちまたで目につく国産アイシャドウは、ラメかパールのキラキラ全盛。
私が使っている、昔ながらのサンク・クルールは全然キラキラしてない。

「うーん、でもキラキラって若い人のものじゃないの・・・?」

と躊躇したが、どうも自分のアイメイクはなんとなく古くさい。
で、意を決して(そんな大げさなものでは・・・)
最初に買ったのがカネボウ テスティモ レイヤードインパクトアイズ。d0108264_12275919.jpg



同系4色のセットで、かなり強いラメが入っている。「いいね!これで私も今ふうのメイクができるかも!」


国産アイシャドウなど見向きもしなかったのに、ちょうどその頃からネット買いをするようになったこともあり、次にマキアージュ スパークルコントラストアイズを購入。
d0108264_12311335.jpgそれには、白いクリーム状のハイライトと
ライナーがついていて、
筆も小さいながら、使い勝手を考えられたものだった。
「やっぱ、資生堂のほうがいいわ~」






一度買ったら止まらない。

「うるうるライナー」という言葉と割引率に引かれ、初の「オーブ」にまで手を出した↓d0108264_12323013.jpg




そして、冒頭のエスプリーク。コーセーのアイシャドウも生まれて初めて。

やっぱり、この中で総合的に見て
一番いいのはマキアージュかな。

でもこれだけ買ってわかったのは
「国産シャドウって、進歩がないなあ」 ということ。
どれもこれも「帯に短しタスキに長し」。

今ひとつ本命を決められないまま、「40も半ばでこんなキラキラさせていいのかな」と疑問をもちつつも、とりあえずそういうアイメイクをする私であった。

すると「ディオール サンククルール2006」 つまりリニューアルしたサンククルールがやたらと目につくようになった。「!・・・・・でも・・・」 (続く)
[PR]

by satomiomio | 2007-03-20 12:41 | メイク

資生堂インウイID シマリング・パウダー   

satomi姉をさしおいて、本日はワタクシmioが1本記事を。
コイツどこの誰?という感じもあると思います。切手大の画像で、私の顔をチラとご披露しましょう。

                         ジャーン
d0108264_19352795.jpg

女ばかりの健全なブログだと、こんな画像もそんなに気にせず出せていいですね。
これ、寝る前なのでスッピンです。そう、濃いぃ顔なのです!
(彫りは全く深くないのですが。というか完全に浅いです。目のデカさでごまかしごまかし)
でも40も超えて、なかなかどうして頑張ってる感じもしませんか。・・・いやまあ、そんな頑張ってる感じはしないとしても、これで化粧するとそれなりにぃ~!^^;

で、今回私がオススメしたいコスメ!!
d0108264_9412222.jpg
ジャジャーン。インウイのシマリング・パウダー!!
(全3色で、私のは①の「ニュートラル」)
これねぇ、実はオススメする事そのものが間違いではあるのです。なぜならば、この2月で廃番になった商品だからです。ザンネーン!
インウイのポイントメイクものは個性的でなおかつクロウト好みするアイテムが多くて、最近の資生堂のブランドのリストラ?の憂き目に合ったのがちょっと信じられません。クロウト好み過ぎたのでしょうか。


で、これですが。フェイスカラーの中でも、この①番で最も威力を発揮するのがノーズシャドー(というかTゾーンに入れるハイライト)としての使用です。
ノーズシャドーって、鼻の形もそうだけど、妙な入れ方するととっても不自然になるじゃないですか。丸っこい鼻の人がノーズシャドー入れても何かアホみたいになる。
私も鼻筋というものにはほぼ縁のない、日本人らしい丸く地味な鼻なんですけど、このシマリングパウダーをスーッと鼻筋 (があるべきところ^^;) に細く滑らせて、そのあとブラシで丁寧にこするとですね、アラ不思議、えも言われぬ上質で品のいいツヤが出現して、さりげなく鼻が高く端正に見えるだけでなくとってもセレブっぽいお顔になれるのです!本当!
しかも、ツヤッとした光が1日中もちます。ブラシで磨きこんだ時点でもうパウダーじゃなくて薄いペースト状になっている模様。
これはコスメマニアの間でも評判の一品のようですが、口コミで長きにわたり上位に上がっている化粧品ってのはやっぱりダテじゃないなって思います。
是非!!(って、廃番なのだが・・・・・)

**********************************************************
おっとびっくり~!
いきなり鎮座まします美しいお顔の持ち主は誰?そう、これがmioさんでございます。
これでスッピン?メイクの必要ないじゃ~ん。えっ?彫りが深くない?十分深いですよぉ。
なになに?目の大きさでカバーしている?目の大きい人って結局彫りが深いんじゃない?
いずれにしてもmioさん、あなたはメイクの必要ないのでは・・・?(羨望のまなざし)

えーっとそれからね、このブログ、女性読者ばかりじゃないと思いますヨ(ニヤニヤ)
あ、もちろん文章隅々まで読む男性はほとんどいないでしょうけど。。。

それでぇ・・・あの・・・私も出さなきゃダメ?コスメ(メイク)を語るからには、顔のパーツとか、肌質とか、ある程度わかる方が文章に迫真性が出るとは思ってましたが。
うーん、それでは今、巨デブでさらすの恥ずかしいので、ちょっと古い写真(1年半前)でご勘弁を
d0108264_2145069.jpg

これはスッピンではないですが、夜、お風呂に入る前の状態なのでかなり落ちてます。
「あなたの顔のパーツって全部〇でできてるわね」と言われたことがあるくらい、非シャープな顔立ちであります。(シャープなmioさんうらやましい!)
目も鼻も丸く、唇はぽってり。で、シャープに見せたい、なんて思ってメイクして「スッピンの方がマシ。メイクするとコワイ」と男性に言われたこともあり、常にメイクに悩んでおります。

で、いい加減インウイの話をしましょう(笑)
廃盤なんだ・・・・・
インウイが登場したときのセンセーションは忘れられません。セルジュ・ルタンスと山口小夜子、この世のものとは思えないほどきれいでした。資生堂が世界に誇るブランドだったのにね、容器もステキだし。いいクリエーターがいなくなったのかなぁ。

そしてこのフェイスカラーは、鼻すじのハイライトに使うのですね?
ノーズシャドウってさぁ、眉頭の下に鼻に向かって入れる茶色いものだと思ってたよ。
いずれにせよ、使うにはちょっとテクがいりますね。でもこれなら誰でも上手くできるのか。
じゃあ、mioさん、これをヤフオクに出して!
私が競り落とすから・・・(*^_^*)

[PR]

by satomiomio | 2007-03-15 19:39 | メイク

オパール美容原液   

今日は、亡き母の誕生日。生きてたら73歳でした。
ということで、母が最後に愛用していたものをご紹介します。

「オパール美容原液」
d0108264_15491492.jpgな、なんだ、この古めかしい名前と見てくれは。
琥珀色です。匂いがなんともいえない。昔むかし、昭和初期、いや大正モダニズムの世界を想像させる匂い。(香り、ではない)
調べたら、それもそのはず、80年もの歴史がある製品だそうです。

特に化粧品に関心のなかった母だが、入院中に親戚の女性からもらったのだと言う。
「これ塗るとしっとりするのよ」と喜んで、乾燥した病室でよく腕や足に塗っていた。
小さいサイズももらったので、「ほら、あなたにあげるわ。お化粧落としに使えるんだって」
と言われたが、そのときはそんな得体の知れない化粧品を使う気もせず、そのままにしてあった。

なんでも、あまり売ってないらしくて東京では新宿の小田急にある、と言ってたかな?(未確認情報)。母にくれた親戚は地方の人で、販売店から買っているらしい。
うーん、いわゆる訪販の化粧品か。
吹き出物が出てもこれを塗れば治る、ということも聞いた。でもとにかく、母の入院中はそんなことにかまってる気分ではなかった。

母の死後、ドレッサーの椅子の中にこの特大サイズ新品が入っていた。
「〇〇ちゃん(親戚の名前)が、おばさんよく使うでしょ、ってまたくれたのよ」と言ってたっけ。
私はそれを持ち帰り、使用開始した。

ちょっと肌が荒れてるとかなりしみて痛い。
その時期、口元によく吹き出物ができた。ストレスかな、と思っていっぱい塗ったけど、治るときもあったが、治らず次々とできることも多かった。
今、@コスメのクチコミを見たら意外に好評で「好転反応でにきびが」みたいなことが書いてあったので、もしかしたらそれだったのかもしれない。
でも、母を亡くし抜け殻のようになった私は、何も考えずオパールを使い続けた。
大きいボトルは、使いきるのに1年くらいかかった。

そんなわけでこれについては、不勉強でよくわからないのだけど、今日という日にかこつけて
書かせてもらいました。
興味を持った方はメーカー(三香堂:http://www.opal-co.co.jp/index.html)のサイトを
見てくださいね。
長い間支持されている製品、ということは確かなようです。
[PR]

by satomiomio | 2007-03-14 15:53 | スキンケア

グリーンティー byエリザベス・アーデン   

もう5~6年になるかな?私の定番の香りです。d0108264_032996.jpg
無難、というのか、万人ウケする香り。短所:すぐ飛ぶ。
だから夏なんかバシャバシャつけちゃって、今までもう何本リピートしたかわからない。
さわやかで軽く甘い。まあ、失敗のない香りです。一応男女兼用で、なんでも日本女性のために作られたとか。
グリーンティー・・・緑茶だから・・・かしら。

ところがここ2、3年、愛用者としては嬉しいような悲しいようなことが。
一応、国内での定価は数年前は¥5000くらいだったはず。
なのに・・・最近の値崩れ激しく、ネットでは50ml¥1000前後で売っている。
30mlだと¥850とか。

安いのは嬉しいんだけど、私の好きな香り、そんなに安物というか、人気ないの~?
と思っちゃって。
たぶん、アーデンのごたごた(化粧品部門をなくした後、また復活)などによる、在庫過多なのかなあ、なんて思ってます。それとも世界的に人気が低下しているとか?

d0108264_0122142.jpg
で、シリーズでいろんなものが出ています。
最近こんなの買っちゃった。「グリーンティー ボディーローション」
たっぷり500ml入ってて¥1500くらいでした。
特に保湿力が高いわけでもなく、良い香りのする癒しアイテムかな。
そう、オーデトワレも、そんな感じ。寝る前とかつけるのも癒されます。
安いからもったいなくないし(笑)



フレグランスはあまり研究熱心ではありませんが、主に今まで使ってきたものについて少しずつ書いていきたいと思います。


***************************************************
グリーンティーの香り、どんなのか知らないなぁー!
こんどアーデンに立ち寄って嗅いでみます(笑)
香りは難しいですよね!
さりげなく素敵な香りをまとっている人・・・ってのは意外に少ない。
香水つけてる人の半分以上は香りが強すぎる!
しかもタチが悪いのは、自分ではその香りが日常化しているために、自分がどのくらい
強い香りを発しているのか、もはやわからなくなることです。
私が今愛用しているのは、エスティ・ローダーのプレジャーズ (Pleasures) です!
柔らかいフローラル系で、いわゆる無難な香りと思います。
自分の香りのまとい度合いが正しいかどうかはいまだに不明ですっ^^;
ただ、朝電車に飛び込むと、数人の人が振り返って私をじっと見ることがよくあって、朝は
もしかするとちょっと香りがキツイのかも。もうちょっとで飛ぶから少し待って~って感じです。
数年前まではGUCCIのエンヴィ(ENVY) 愛用してました。
こちらはフローラルよりももう少し都会的な尖った香りで、ある日上司に「その香り、ちょっと
変わってるね」と言われたのをキッカケにやめました。^^;

爽やかで、さりげなくて、自分らしくて気持ちのよい香り、探したいですよね~
・・・それがグリーンティーなのか!?(またもや興味津々)  (mio)

[PR]

by satomiomio | 2007-03-13 00:12 | フレグランス

ケサランパサラン シアーマイクロパウダー   

粉モノは外国製品に限る!と信じて疑わなかった私。
昨年暮れ、YSL「セミルースパウダー」が突然なくなり、慌ててネットで探してたどり着いたのが
これです。ケサランパサラン 「シアーマイクロパウダー」d0108264_1357159.jpg

ケサランパサラン?
そんなものまだあったの?と思っちゃった。
だって20年も前に、青山の「レイジースーザン」で見かけたアーティスト系化粧品、という認識しかなかったのです。
本当はディオールを買いたかったんだけど
あいにく「透明」タイプが売り切れで。
「おしろいは、色がついていてはいけない」 というのが私の持論。
だから、半ば冒険のつもりで仕方なく購入。25g 3465円だし。

ところが、軽~くふわふわの微粒子は「これが国産?」と疑うほどの優れもの。
ファンデーションの仕上げに薄いベールを1枚という感じ、テクスチュアーもさらさらで私好みです。
これは久々のヒットだった。容器も機能的で添付のパフも大きくて使いやすいし。
d0108264_14303791.jpg

ちなみに、色は4種類あります。
私も、本当は「透明」にこだわってるトシでもないのにね。。。
でも、これと出会ってしまったからには、いましばらく透明でいこう。
それには、きちんとスキンケアをしなくちゃ・・・間違っても、メイク落とさないで寝る、なんてことしちゃいけませんね、ハイ。(反省)

****************************************************

お粉かぁ~
こればっかりは語る術なし!
私はファンデーションはパウダー派なので
(生活に余裕がなく、リキッド乗せてる時間がない!)基本的にお粉は必要ないわけです。
日中のお化粧直しに、ファンデじゃなくてお粉を使うときれいに仕上がるのもわかってる
んですけど、忙しい最中、丁寧な作業は一切してられないっ (どんな生活なの・・・泣)
以前はしばらく、コスメデコルテのルースパウダー使ってました。
気に入ってお友達にプレゼントしたりしたこともあります。
最近は使ってないなー。いかんな、余裕のなさすぎる生活。反省反省。

で、ケサパサのアイテムはどれもレベル高いみたいですね。
今も時々見ますよね。うちの近所のSOGOでもショップがあります。
創始者(?)の渡辺サブロオは今も第一線なんでしょうかね?

それにしても、お粉にも造詣が深いsatomiさんはやっぱりタダモンじゃないなぁ。
かなりのコスメマニアですね、今さらですが。
「キレイ」はやっぱり努力と探究心ナシにはなかなか得られないですね、特にシジュウも
過ぎるとねー。 (mio)

[PR]

by satomiomio | 2007-03-08 14:04 | メイク

入浴剤 ポー・ド・ぺシェ   

これは、私のイチオシ入浴剤。
d0108264_02023100.jpgしっとり、もちもち、すべすべ。
「この肌を見て、触って!」と言いたくなる「勝負肌」になれます!

友達が「エステでも使われてるんだって」と試供品をくれた。
ふ~ん、どんなものだか早速使ってみよう。パッケージの雰囲気から、さぞや優雅な香りがするに違いない・・・と期待して浴槽に広げるも、意外なことに無香。そして無色。
ただ、お湯が速攻でやわらか~くなっていく気がする。

思い切りかき混ぜればカプチーノみたいな泡になる。
なんかミルク風呂につかってる気分。
(ちなみに、ジェットバスでやってみたら完璧な「泡風呂」になった)

成分は【海塩・アロエベラエキス・レモンエキス・ローズヒップ油・マツ種子油・ティーツリーオイル・月見草油・・・・・】  と、オール天然成分だ。
「お湯の除菌力があるので変質せず、湯垢が付着しにくい効果がある」とも書いている。
(たしかに、息子たちの入った汚い?お湯の後に入れても、目に見えて汚れがなくなっている。
消臭効果もあるようだ)

で、これのすごいところは、「勝負肌」が2~3日続くところ。
翌日より、日にちがたったほうがより成分が肌に浸透してくるのかしら。
肌で勝負する必要も機会もない私だが、「アフター ポードぺシェ」の肌は、自分で触ってて気持ちいいほどしっとり潤っている。つい、「見て、触って」と言いたくなってしまうのである。

これ、あまり流通していないようですが、たまたま近所のディスカウント化粧品店で売っているのでラッキーでした。1包¥250。 ジャータイプもあります。
「フィトメール」も1包¥560で売ってたけど、なんか汗が出なさそうで(私、すごく新陳代謝悪い) 買ってない。ネットではジャータイプいっぱい出てるけどね。

私が買う店では、7包¥1500円で、けっこうかわいいパッケージになってるので、ちょっとしたプレゼントにもいいと思うのです。とにかく勝負肌になりたい人にはおすすめです。

***************************************************
基本的に、「カラスの行水」の私は、入浴剤は詳しくありません。
使っても、花王のバブがせいぜいです。(悲)
えー、なんかこれ、良さそう。このパッケージ見たことないなぁ。
私の家の近所では扱ってなさそうな・・・・。
でも興味津々です!是非とも探してみます!!
「勝負肌」って言葉、初耳だけど、たまらんですね。私も勝負肌を手に入れて勝負に出たい!
(何の・・・・・・) (mio)

***************************************************
先ほど、5袋購入してみました!(楽○で・・・5袋1,000円。悪くないでしょうか?)
姉のオススメにすぐに従う、何と従順な妹でありましょうか! (mio)

***************************************************
[PR]

by satomiomio | 2007-03-04 00:24 | その他

チークorフェイスカラー?   

私は、普段のメイクではチークを入れません。
理由: もともと血色が良く、赤ら顔だから。
例えば冬、暖房の効いた部屋ではポーッと赤くなったり。コップ1杯のビールでも赤くなるし。
チークって、顔色の悪い人が入れるものだと思ってるんです。
だから、私は必要ないわ、って。

ところが40も半ばにさしかかった今、顔色云々より「くすみをおさえ、いきいきと見せる」ために
チーク、ひいてはフェイスカラーが必要なのでは、と思うようになってきました。
まあ、ボビイブラウンに興味を持って、シマーブリック、現物を見てみたいなあ、というのが一番大きな理由かもしれないけど。
d0108264_0292456.jpg


d0108264_0345717.jpg
なんというか、ボビイに限らず、最近は単色でチークというより、こういう複数色のパレットが主流なんですねぇ。
d0108264_0341854.jpg














このテのものは、大昔からあるゲラン「レ・メテオリット」みたいなものでしょ、と思うのですが
どうなのかしら?(色合いはかなり違うが)
d0108264_0305767.jpg

でもさぁ、単色のチークですら塗らないからテクがないのに、こんなたくさんの色、どうやってつければいいの?それにラメがキラキラしていたら、なんか芸能人フェイスになっちゃうのでは?d0108264_0431825.jpg




と思って、興味津々だけど、購入は尻込みしてしまいます。
mio嬢ならこのへんはお手の物じゃないかしら?
私にレッスンしてください!





*************************************************

ゲランのメテリオット!懐かしい!!
(ちなみに私はずーーーっと、 "メテリオット" だと思ってました。 "メテオリット" なんですか?
ウッソ!?(目からウロコ)
これはバブル時代のコスメの代表って感じがしますね。
たくさん付け過ぎると、ちょっとカメレオンぽい怪しい光を放ち出すんですよね~。
自分も含めて、私はメテリオットを上手に使いこなせてる人ってには会ったことがありません。

チークは、血色がどうとか言うより、きちんとつけるとコスメの上級者っぽくなるから、やっぱり
欠かせないと思います。
つけている=上級者ってわけではないけど(ヘタな付け方してると最悪ですもんね)、その逆は
真で、上級者は必ずチークがうまくノっている。
それとやっぱり、単色使いは平坦になりますね。
2,3色をブレンドして使うことで、断然奥行き感が出ます。

・・・とか語ってる私ですが、頬骨がけっこう出ているので、相当慎重に付けないと、逆効果に
なっちゃいます。付ける位置って本当に重要で、人によってベストポイントが千差万別なのが
面白いですね。そこを見誤らないことが重要と思います。
人の顔を見ていると、「この人のは良い」「この人のはダメ」って、私はハッキリわかるんです
けど、とかく自分の事っていうのは判らないもので、実はいまだに自分の頬の「チークベスト
ポイント」が判然としていません(笑)

それにしても、叶姉妹・・・・・・・・・・・スゴイですよね。
叶姉妹を語るだけで、ひとつブログが出来そうな感じがする。一言じゃ書けません。
美香さんは、ちょっとマイケルジャクソンが入ってきましたね。顔が崩壊しはじめています。
恭子さんは、原型は全くとどめていないながらも、年齢の割に、うまく保持していますね。
唇を厚くする施術は、アメリカではかなりポピュラーなんですってね。
せっかく文章を短めにしてスッキリしたページにされているのに、長い文章をダラダラ
付け足してゴメンなさい、satomi姉~(どうしても長くなってしまうのですぅ) (mio)

[PR]

by satomiomio | 2007-03-02 00:45 | メイク