アイシャドウ② 40代の色は?   

さて、外国製アイシャドウの話に移る前に、ここでぜひ論じたいのが
アイシャドウの色についてです。
d0108264_053219.jpg40代女性の皆さん、どんな色を塗ってますか?

私がメイクを始めた25年ほど前、日本人女性のアイシャドウの色といえば
「青・青・青!」 というブルー全盛期。若い女の子は青い目元(それもボカさず、色味をはっきりつける)にピンクの口紅、というのが定番でした。もちろん、違うメイクをした子もいたでしょうけど、大多数がみな同じ顔。(ついでにサイドレイヤーの同じ髪)。
中年女性も青をつけてたんじゃないかなあ。(そもそも、私の母世代はアイシャドウといえば、青と信じて疑わないような感があった)

ところが私が21のとき、突如「ブラウンシャドウ」が時代を席捲。
みんな、青をやめてブラウンの目元になった。
もう青をつけていると、時代遅れの顔になっちゃうような。
そのまま私、社会人時代に突入。この頃はいろんな色使ったけど、学生時代に流行ったピュアな青(?なんと表現していいのか。。。要するにパープルがかったりしていないもの)は塗らなかった。その頃、菊池桃子似のかわいい先輩が、目元を真っ青に塗ってて、いじわるなOLたちが「あのメイク、どうにかならないかしら」 と陰口を言ってたことを思い出した。

そんな感じで、なんとなくブルーシャドウは、私の中で「時代遅れ」の感が強く残り、お蔵入りになっているのである。
紺とか、ブルーグレーなら使った時期もあるけど。
そして、どうも1年ほど前から気づいたのが「ブラウンが合わなくなってきた」 こと。
d0108264_064131.jpgブラウンって、どこに出てもおかしくない、基本色じゃないですか。
しかし最近、ブラウンを塗って時間がたつと、どうも疲れた目元、くすんだ目元になってしまうのである。トシのせいか。
もっと華やかな色にしないとダメなんだ・・・と気づき、去年からはほとんどワインレッドというのかあずき色というのかエンジというのか、まあそういう系統を使っている。

でも、私はブルーアレルギーになっちゃったけど、国産シャドウは必ず新製品にも「ブルー系」というものを入れるでしょ。というか超定番だよね、ブルーって。
じゃあ、今このトシでつけてもおかしくないのかなぁ。

ついでに言うと国産品はメイクラインを年齢層で分けているが、ディオールもシャネルもサンローランもそんなことしないよね。
外国人は、トシなんて気にせずいつまでも「女」として、ステキな色なら使う、という感覚なのかしら。
資生堂でいえば私はマキアージュ世代ではない、というのは、日本のきめ細かなマーケティングのなせる業なのだろうが、こういう考えっていかにも日本的なのかな。

あらま、短くするつもりで長くなっちゃった。
つまり、われわれ40代女性に似合うアイシャドウの色はなあに?というのを考えたいのでございます。
[PR]

by satomiomio | 2007-03-27 22:50 | メイク

<< アイシャドウ③(外国ブランド)... アイシャドウ①(国内ブランド)... >>