アイシャドウ①(国内ブランド)キラキラ目元、ダメですか?   

さて、アイシャドウである。
これについては、近年私の中でおおいに意識改革があった。

えーっと、まず見てください。
d0108264_1226534.jpgこれ、最近近所の店で衝動買い。「コーセー エスプリークプレシャス」のなんたらコフレ(名前忘れた) アイシャドウ現品にちっちゃめグロスとマスカラと、あと体につけるラメの粉がついて、キラキラのポーチつきでアイシャドウの値段と同じ¥3500。たまにはいいでしょ、お得だし。それにアイシャドウが限定色、私の好み。だから買い!


「アイシャドウはディオールに限る」
との激しい思い込みがどうもこの2~3年、覆されてきた。
ちまたで目につく国産アイシャドウは、ラメかパールのキラキラ全盛。
私が使っている、昔ながらのサンク・クルールは全然キラキラしてない。

「うーん、でもキラキラって若い人のものじゃないの・・・?」

と躊躇したが、どうも自分のアイメイクはなんとなく古くさい。
で、意を決して(そんな大げさなものでは・・・)
最初に買ったのがカネボウ テスティモ レイヤードインパクトアイズ。d0108264_12275919.jpg



同系4色のセットで、かなり強いラメが入っている。「いいね!これで私も今ふうのメイクができるかも!」


国産アイシャドウなど見向きもしなかったのに、ちょうどその頃からネット買いをするようになったこともあり、次にマキアージュ スパークルコントラストアイズを購入。
d0108264_12311335.jpgそれには、白いクリーム状のハイライトと
ライナーがついていて、
筆も小さいながら、使い勝手を考えられたものだった。
「やっぱ、資生堂のほうがいいわ~」






一度買ったら止まらない。

「うるうるライナー」という言葉と割引率に引かれ、初の「オーブ」にまで手を出した↓d0108264_12323013.jpg




そして、冒頭のエスプリーク。コーセーのアイシャドウも生まれて初めて。

やっぱり、この中で総合的に見て
一番いいのはマキアージュかな。

でもこれだけ買ってわかったのは
「国産シャドウって、進歩がないなあ」 ということ。
どれもこれも「帯に短しタスキに長し」。

今ひとつ本命を決められないまま、「40も半ばでこんなキラキラさせていいのかな」と疑問をもちつつも、とりあえずそういうアイメイクをする私であった。

すると「ディオール サンククルール2006」 つまりリニューアルしたサンククルールがやたらと目につくようになった。「!・・・・・でも・・・」 (続く)
[PR]

by satomiomio | 2007-03-20 12:41 | メイク

<< アイシャドウ② 40代の色は? 資生堂インウイID シマリング... >>